信頼できるアドバイザー

Slingsby Partners LLPは、IPの使用を通じてクライアントがビジネス目標をより簡単に実現できるようにするという重要なビジョンのもとに設立されました。当事務所はその目標を達成するため、優れたIP専門家のチームを結成しました。スタートアップ企業から定評あるマーケットリーダーまで、お客様の組織がどのようなテクノロジー分野を扱っていても、私たちは、お客様のアイデアから永続的な価値を生み出すお手伝いをいたします。

信頼できるアドバイザー

オールラウンドな専門知識

当事務所の弁理士は、深い技術的な専門知識と商業的認識を兼ね備え、長年にわたって知的財産に関して多様なビジネスに助言をしてきました。弁理士はすべて技術的または科学的な経歴と資格を有しており、多くが英国および海外のサイエンスやエンジニアリングの企業で社内勤務してきた経験を持つため、クライアントと同じ言語を話すことができます。この実践的な業界経験と幅広い知識によって、複雑なアイデアやテクノロジーの潜在的な価値を理解するだけでなく、その価値を実現する最良の方法について実社会に見合う実際的な助言を提供することができます。

オールラウンドな専門知識

パーソナライズされたアプローチ

当事務所は、クライアントのニーズや望みの内容を問わず、それぞれに適切な知的財産戦略を提供することに重点を置いています。形式を重視した無味乾燥な、問題が起きてから対応するような法的助言を提供するのではありません。当事務所のチームは時間をかけてお客様の目的を理解し、その要求に見合う助言を提供し、ビジネスやマーケットの変化に応じてその助言内容を調整します。

image

当事務所のサービス

当事務所の弁理士は、長年の間優れた企業とともに、その知的財産の特定、保護および管理をサポートしてきた実績を備えています。ブレーンストーミングセッションを実行して新しいプロジェクトのイノベーションを獲得する場合でも、競合他社との紛争を通じてクライアントをサポートする場合でも、私たちの目標は、知的財産がクライアントのために役立つものとなるようにすることです。特に、ほとんどの助言が既存のクライアントからの提言を通じてなされていることを誇りに思っています。

image

当事務所について

Patent attorneys

特許弁理士

特許に関する当事務所のサービスは、以下の通りです。

  • 特許出願の起案
  • 特許出願手続き
  • 特許ポートフォリオの管理
  • 専門の特許手続きチーム
  • 英国および世界各国における侵害、有効性および権利行使に関する助言
  • 訴訟支援(特に米国内)
  • 買収および合併に関するデューデリジェンス
  • 潜在的投資家への特許ポジションの提示
  • ライセンス許諾(規格関連のライセンス許諾と防御を含む)
Design attorneys

意匠弁理士

意匠に関する当事務所のサービスは、以下の通りです。

  • 意匠出願の準備
  • 意匠出願手続き
  • 意匠ポートフォリオの管理
  • 専門の意匠手続きチーム
  • 英国および世界各国における侵害、有効性および権利行使に関する助言

特許保護

当事務所は、世界で最も革新的な企業がその業務に価値を見出すお手伝いをします。ビジネス全体を支える大きなアイデアから、製品の最も細かい部分の有益な微調整まで、特許取得可能な価値はあらゆる開発の中に存在します。当事務所の弁理士が有する技術的経歴は、貴チームと共にブレインストーミングを行い、必要な情報を特定する上で役立ちます。また、発明の相対的な重要性についても助言し、特許出願を通じてお客様の業務のどの要素が保護に値するのかを判断するお手伝いをします。

当事務所での特許出願は技術的に厳格であり、クライアントの商業目的を反映させます。同様の原則が特許出願の手続き処理に対する当事務所のアプローチを支えており、これにより世界中のさまざまな特許システムを通じて、クライアントのために価値ある特許を取得することができます。私たちは、個々のクライアントに属する大規模で複雑な特許出願のポートフォリオなど、何千もの特許出願を管理しています。

最初に適切な出願を起案する場合でも、出願手続き中に最良の修正オプションを提案する場合でも、私たちはそのプロセスをシンプルかつシームレスなものとすることに誇りを持っています。

特許保護

特許戦略

特許ポートフォリオはどれも一つひとつ異なることを理解しておけば、貴社の最も価値ある資産となり得るものを管理するための選択肢の考慮および戦略の策定を単純化できます。私たちは、クライアントの商業目的と予算を考慮に入れます。短期的な思考だけではありません。クライアントの状況の変化に合わせて助言を適応できるように、クライアントとの密接な業務関係を長期にわたって維持します。

また、クライアントの特許ポートフォリオ、特許戦略、資金調達ラウンド中の潜在的投資家への第三者特許ポジションの提示から、買収中の特許デューデリジェンスの処理まで、クライアントの特許資産を活用する際にもサポートすることができます。

特許戦略

特許紛争

論争となる第三者紛争を処理してきた当事務所の経験に比肩する特許弁理士のチームはほとんどありません。第三者の特許主張に悩まされているクライアントに関しては、その商業的立場をサポートする説得力のある非侵害および無効の立場を確立します。特許侵害に直面したクライアントに関しては、クライアントの特許を主張してそのビジネス目標を実現した経験があります。

当事務所のチームは、異議申立てと上訴を通じて欧州特許の異議申し立ておよび弁護を行った模範的な実績を有しています。また、連邦巡回控訴裁判所に進んだ訴訟を含め、米国特許訴訟に対する欧州拠点企業の弁護も特に得意分野としています。多くのクライアントが、当事務所はクライアントと米国弁護士との間の費用対効果の高い訴訟管理者であると感じています。

第三者の特許を無効化し、クライアント自身の特許を弁護してきた実績が認められ、強固な技術的知識を活用して当事務所の主張を正確かつ説得力があるものとし、その戦略を商業的に実用的なものにしています。

特許紛争

意匠

意匠は、製品の外観に関して登録保護を取得するための費用対効果の高いメカニズムになり得ますが、その明白な単純さゆえに多くの落とし穴が隠されています。当事務所のチームは、世界のすべての主要な管轄区域での意匠保護に熟練しています。各管轄区域には、意匠の提示方法について独自の要件が存在します。各管轄区域における保護範囲を最大化するには、図面が当初から対象国の正式な要件を満たしていることが重要です。そのために私たちはクライアントと密接に協力し、必要に応じて協力を求められる専門的な起案者と長期的な関係性を築いています。

意匠業務の興味深い側面の1つは、意匠が論争に発展する頻度の高さです。当事務所のチームは、意匠の侵害と権利行使に関して助言することのできる豊富な経験を有しています。

意匠

分野

当事務所が扱う分野の専門知識

当事務所のクライアントには、スタートアップ企業から有名企業まで、最も成功を収めているハイテク企業が含まれています。当事務所のすべての弁理士は、科学または工学の学位以上の資格を有し、その専門分野で長年にわたりクライアントに助言を提供しており、その多くはその業界での実務経験も兼ね備えています。私たちが扱う業務の多くは技術的に非常に複雑なものです。私たちはクライアントのテクノロジーについて迅速に深く理解します。そしてクライアント特定のニーズに合わせた助言を提供し、その分野のビジネス活動で直面する問題の広範な状況に適用します。

当事務所が扱う分野の専門知識

機械工学

これらの産業は、高度に工学的な製品と実世界との相互作用によって特徴付けられ、機械工学、空気力学、材料科学にわたる発明をもたらします。当事務所の弁理士は、長年にわたってこの分野の最先端で業務を行っており、クライアントのイノベーションを支えるさまざまな技術分野間の複雑な相互作用を迅速に把握します。

当事務所のチームは、機械分野における特許および意匠の起案、出願、助言に関する豊富な経験を有しています。この分野での業務は多岐にわたりますが、これは機械工学そのものが広範囲に及ぶことを反映しています。最近では、ロボット動作および制御システム、動作シミュレーター、革新的なエコ加熱システム、リニア発電装置に関する特許保護についての助言を行いました。

また、自動車/航空宇宙分野における侵害リスクについても定期的に助言を行っています。最近の業務としては、大手防衛メーカー向けの先進オフロード車両の開発と発売に関する助言、さまざまなスーパーカーの特許出願および他者の特許侵害予防(Freedom to Operate)に関する助言を行いました。

image

電子機器

電子機器の開発には、多くの場合複雑性と多面性が伴います。十数以上の発明が単一回路内に存在することは一般的です。この分野で最適な特許保護を実現するには、弁理士にこの分野の深い理解と技術的ノウハウが備わっていることが必要となります。

私たちは電子機器分野の知的財産問題に技術的知見および法的知見を組み合わせたものを取り入れ、健全な商業的助言を提供いたします。

当事務所の弁理士には、複雑な電子製品を個々のイノベーションに引き出し、商業的価値のあるものを特定し、それらに対する効果的な特許保護を獲得してきた確たる実績があります。最近の事例としては、映像処理IC、半導体レーザー構造、さまざまなハイファイオーディオ機器に関する特許出願と手続き処理があります。

image

電気通信

電気通信分野は、その技術的範囲によって区別されます。イノベーションは、まったく新しいネットワークの高度な組織といった概念的なものから、信頼性の高いデータ転送を実現するための数学的手法といった非常に具体的なものまで多岐にわたります。

当事務所のチームは、競争の激しいこの分野でクライアントに助言する際に活用できる幅広い社内経験と、この分野の有名企業との長年にわたる協力関係を有しています。無線通信規格の発売に関するライセンシング問題の助言から、主要な特許所有者間のクロスライセンスの交渉まで、当事務所は優れた技術と鋭い商業的認識でその評価を獲得してきました。

当事務所の弁理士は、企画関連の発明の特許出願および手続き処理など、ほとんどの通信技術分野での経験を有しています。最近の業務例としては、5Gプロトコル、IoTハードウェア、光ファイバーシステムに関する特許出願の起案および手続き処理などがあります。

Image

医療/ヘルスケア

医療およびヘルスケアは、複雑で絶えず進化している分野です。エレクトロニクス、ソフトウェア、生物科学と重なっている分野でもあります。そのため、知的財産が重要な鍵となる可能性があり、特許ポートフォリオは、製品の発売までに何年もかかることもある投資をサポートするための重要なツールです。

当事務所の弁理士は、この困難な分野で価値ある特許ポートフォリオを構築するとともに、マーケットの既存プレイヤーがもたらす特許リスクについて助言してきた豊富な経験があります。また、資金調達ラウンドおよびライセンス交渉を通じてクライアントをサポートすることにより、クライアントが特許から価値を創出できるように支援します。

最近は、遠隔医療監視システムや画期的な不妊治療管理システムの開発などについての助言をしました。

Image

ソフトウェア

ソフトウェアの発明は一般的なことですが、特許を取得できるかどうかという問題には依然として混乱が生じています。これは知的財産法の複雑な分野です。多くの場合、その法的な複雑性により、企業が特許ポートフォリオの構築を試みることすらためらってしまうことがあります。

当事務所の弁理士は、この分野の法律を分かりやすく説明する専門家です。特許取得可能なソフトウェア開発と特許取得不可能なソフトウェア開発の違いをエンジニアに説明することに関して、豊富な経験を有しています。これにより、クライアントのエンジニアは将来、特許取得可能なアイデアを、自信を持って提起できるようになり、クライアントが開発プログラムの価値を獲得するのに役立てることができます。

私たちは、非常に多くの専門ITテクノロジーに関して企業と協力し、明確で実用的な助言を提供します。この分野の最新業務は、請求ソフトウェアを開発するプロジェクトへのIPサポートの提供や、オープンソースからプロプライエタリ・ライセンスモデルへ移行するビジネスへの助言にまで及んでいます。

Image